小児歯科PEDODONTICS

お子様の歯を守るために

お子様の歯を守るために イメージ画像子供のうちにきちんと歯の予防や治療を受けておくことで、将来のお口のトラブルを回避できる可能性は飛躍的に高まります。大人になってからの歯科治療は費用が高額となるケースが多く、悪さをしている歯を治療せず放置したままでいると、いずれ他の歯や全身の健康にも悪影響が及びます。

子供がかかる歯科疾患のほとんどは虫歯です。小さなうちは身体が弱く体調を崩しやすいのと同じで、歯もまだまだ成長途中で非常に繊細です。お口の予防は乳歯の段階から始める必要があり、またこの時期にお子様本人の歯への意識や歯磨きのスキルを高めることが重要になります。

生えたての弱い歯には予防が不可欠です

生えたての弱い歯には予防が不可欠です イメージ画像抜けてしまった永久歯は二度と生えてきません。子供はまだ自分で上手く歯を磨くことができず虫歯になりやすいため、お母様・お父様に協力してもらいながら歯を健康な状態に維持する必要があります。大切な永久歯を守るために、生え始めの時期にできる予防法をご紹介します。

フッ素

フッ素 イメージ画像エナメル質の構造が安定していないことから、生えてきたばかりの永久歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすいという特徴があります。そこで、効果的なのは「フッ素」を使用した虫歯予防ですが、フッ素には、エナメル質を強化させるという役割があり、再石灰化という、酸により溶かされたエナメル質を修復していく作業を促進させることや、ミュータンス菌という虫歯菌を抑制する効果があります。

このフッ素が、最も効果的な時期というのは永久歯が生えてから2~3年ですが、この期間に、歯医者さんでの定期的なクリーニングとフッ素塗布を行うことにより、虫歯を防いでいくことが可能になっています。

シーラント

シーラント イメージ画像シーラントというのは、歯磨きが行き届かない奥歯のくぼみなどにプラスチックを埋め込むことで、食べカスの侵入を防ぎ、磨き残しがないようにし、虫歯を防いでいくものです。奥歯だけではなく、歯の形が複雑だったり、溝が深いなど、磨きにくい歯にも適した処置と言えるでしょう。
また、シーラントを行う時期としては、永久歯が生え始めたころが目安となっています。生えたばかりの永久歯はエナメル質が安定せず、背が低く磨きにくいなどの特徴があるために、シーラントはとてもお薦めの方法です。
そして、シーラントは健康保険が適応されるために手軽に行うことができます。生えたばかりの永久歯を守るということは、生涯においての歯の健康を守るということに繋がっていきます。

親御さんの歯磨き

親御さんの歯磨き イメージ画像子どもの歯を守るために歯医者さんでの定期検診や予防はとても大切ですが、ご自宅でのケアもとても重要です。歯が本格的に生え始めたら、仕上げの歯磨きもしっかり行っていくことが必要です。乳歯だからと安心していると、永久歯にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。デンタルフロスやフッ素入りの歯磨き粉を使用し、歯ブラシの毛先が開いてしまったらすぐに交換をするようにしましょう。

そして、きちんと磨けているかを確認するためには、歯垢を赤く染めだしてくれる専用の液を使うと効果的です。これは、毎日行う必要はありませんが、定期的に使用することにより、どの部分がきちんと磨けていないのかをチェックすることができます。歯磨きの回数としては、朝と晩の1日に2回。仕上げの歯磨きは晩だけで大丈夫です。磨く時間としては28本の歯を10~20回磨いたとして最低3分は磨いてください。口元からこぼれる白い歯というのは、清潔感と育ちの良さを感じさせるものです。大人になってから、お子さんが歯にコンプレックスを抱くことがないように、毎日のケアをしっかりと行っていきましょう。

  • 料金表
  • スタッフブログ
  • ウニクス成田歯科
  • ウニクス成田歯科

Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ!

tel. 0476-29-8241

アクセス・診療時間 access / schedule

はなのき台みんなの歯科
〒286-0007 成田市はなのき台1丁目8-5
TEL:0476-29-8241

 
9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

【休診日】木・日は休診
※ 受付は30分前迄
※ 祝日のある週の木曜日は診療いたします